自宅保育中主婦が在宅ワーク一歩目にワードプレスブログを選んだ理由

自宅保育中主婦がワードプレスブログを始めた理由
  • URLをコピーしました!
お困りさん

在宅ワークを始めてみたいけど、子育てしながらでもできることって何だろう?

このような方に向けて、1歳児を自宅保育中の主婦だった私が、初めての在宅ワークとしてワードプレスブログを始めた理由についご紹介しています。

小さい子どもを自宅保育しながらの在宅ワークに、不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

私自身、子育てに少しずつ慣れてきたことでお仕事を始めてみたい気持ちはあるものの、保育園に預けているわけではないので一歩踏み出せない状態でした。

しの

でも在宅ワークデビューをして、社会とのつながりがほしい!

記事内では、1年前こんな思いを抱えていた私が、

  • なぜ初めての在宅ワークにブログを選んだのか?
  • ブログの中でも、なぜワードプレスブログを選んだのか?

について、詳しくお伝えしていきます。

自宅保育をしながら、小さいステップからでも在宅ワークを始めてみたいな…とお考えの方は、ぜひ最後までご覧くださいね^^

筆者のプロフィール
  • 転勤族の妻歴5年目の30代主婦
  • 2歳娘のママ
  • ブログ歴1年(当ブログは2代目)
  • 現在は娘を自宅保育しながら、在宅ワーク(ブログ運営、オンラインアシスタント)をしています♩
  • 今後はwebデザインの勉強をしていきたい!
転勤妻
しの
CONTENTS

(スポンサーリンク)

自宅保育中の主婦が初めての在宅ワークにブログを選んだ理由

お困りさん

主婦ができる在宅ワークの中でも、どうしてブログを選んだの?

当時1歳児を自宅保育中だった私が、在宅ワークの一歩目としてブログを選んだ理由はこちらの3つ。

ブログを選んだ理由

  1. 自分ひとりで作業が完結する
  2. スキルゼロでもすぐに始められる
  3. 納期がなく自宅保育中でも取り組みやすい

ひとつずつ、お話ししていきます。

①自分ひとりで作業が完結する

主婦にできる在宅ワークを調べていく中、多くの働き方にはお仕事の先にクライアントの存在がありました。

当時リサーチした主婦にできる在宅ワーク

  • webライター
  • webデザイナー
  • テレアポ

など…

このように向こう側にクライアントがいるお仕事は、人との関わりが欠かせずうまく進められないことも多そう…とすぐさま危険を察知。

しの

暮らしに余裕が出てきたとは言え、1歳児の子育て中はまだまだ心身ともに不安がありました…。

一方ブログであればクライアントの存在はなく、すべて自分のペースで作業を進められることが分かりました。

まずは自分のペースで取り組み、少しずつ社会とのつながりを再構築していきたい…そんな気持ちからブログを選びました!

しの

ブログ運営を始めて1年、ブログがストレスになったことは一度もありません◎

②スキルゼロでもすぐに始められる

ブログは、「やってみたい!」と思ったときにスキルゼロでも始められます

たとえばwebデザイナーのお仕事は、仕事内容にもよりますがスクールや独学での学習を経たうえで初めてお仕事につながるもの。

当時の私は、

しの

1歳児を自宅保育しながら勉強なんて、絶対無理…!

という気持ちが強かったので、このようにスキルが必要な在宅ワークははじめから除外していました。

もちろんブログも、分からないことを自分で調べ対処していくことは必要です。

ただ、ブログの知識は進めながらでも自然と身に付いていきますし、仮に間違っていても誰にも迷惑は掛からないという気楽さがあります◎

お困りさん

気楽に、楽しみながらできるのが一番だね♩

③納期がなく自宅保育中でも取り組みやすい

自宅保育中の主婦にとって、webライターのような納期がある働き方は危険だと判断しました。

お困りさん

子どもの事情で納期に間に合わず、クライアントに迷惑をかけるのは自分もつらいもんね。

ブログは、①でお伝えしたようにその先にクライアントがいないので、納期がなく自分のペースで進められるのが自宅保育ママにとっての大きな魅力。

途中でお休みしても、最悪辞めてしまっても、誰にも迷惑はかかりません。

しの

”うまくいかなければ辞めよう!まずは趣味感覚で!”と、気軽な気持ちで始められました^^

有料ブログであるワードプレスを選んだ理由

ブログと言うと、一番にアメブロが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

しの

ですが、私が始めたのはWordPress(ワードプレス)でのブログです。

お困りさん

どうしてワードプレスブログを選んだの?

私がアメブロなどの無料ブログではなく、有料ブログであるワードプレスブログを選んだ理由は、こちらの3つ。

ワードプレスブログを選んだ理由

  1. 自分だけのコンテンツを持てる
  2. 運営コストが低い
  3. 収益化できる

それぞれ、ご紹介していきます!

①自分だけのコンテンツを持てる

ワードプレスで作るサイトは、自分だけのコンテンツとして作り上げていくことが可能です。

お困りさん

どういうこと?

たとえばアメブロの場合、運営している会社がアメブロのサービスを終了させてしまうと、自分のブログもその時点で削除されることになります。

一方で、完全に自分だけのコンテンツとして作り上げることができるのがワードプレスブログ

ブログ記事も、サイトのトップページも、自分の好きなデザインで自分の好きなレイアウトで、カスタマイズしていくことができるのです。

サイバー攻撃などのトラブルに遭わなければ、ずっとブログ運営を続けていくことができます◎

トラブルを防ぐために、プラグインも利用して自分でセキュリティ対策を講じるのがおすすめです。

しの

せっかくなら、自分だけのコンテンツを作っていきたい!

こんな考えから、ワードプレス一択でブログを始めることに決めました。

②運営コストが低い

アメブロが無料ブログであるのに対して、ワードプレスは有料ブログに位置付けられています。

お困りさん

ワードプレスって有料なんだね…!

正確には、ワードプレス自体は無料で利用することができます。

ただし、ワードプレスで制作したサイトをweb上で誰でも見られるようにするためには、有料のサーバーとドメインが必要になります。

サーバーとドメインって何?

ワードプレスのサイトを”家”と仮定して、

  • サーバー=”土地”
  • ドメイン=”住所”

にたとえられます。

お困りさん

家だけあっても、土地と住所がないと家にたどり着けない…というイメージなんだね!

このサーバーとドメインの費用として、月々1,000円前後かかります!

ブログを始める前に在宅ワークについてたくさんリサーチしていましたが、どんな在宅ワークでも何かしらの経費は必要になるもの。

この月々1,000円前後でブログ運営ができるのは、在宅ワーク初心者にとっては手を出しやすく魅力的です。

しの

私自身も、この”低コスト”という点が、ワードプレスブログを始めるきっかけの大きなポイントとなりました!

ちなみに…

当ブログのサーバーとドメイン契約は、国内レンタルサーバーシェアNo.1のを利用しています。

定期的にお得なキャンペーンが開催されているので、そのタイミングで契約するのが◎

ドメインもずっと無料なので、サーバー契約と一緒にドメインもエックスサーバーで取得するのがおすすめです。

③収益化できる

ワードプレスブログでは、

  • Googleアドセンス
  • アフィリエイト

などの広告収入によって収益化することができます。

一方アメブロの場合、

  • Googleアドセンスの利用は禁止
  • 『Ameba Pick』内で取り扱っているサービスのみアフィリエイト可能

という自由度の低いルールになっています。

お困りさん

アメブロは無料で利用できるかわりに、収益化のハードルが高そうだね…。

しの

せっかくなら、在宅ワークとして少しでも収益化の可能性を上げていきたい!

このように考え、コストが少しかかっても収益化しやすく自由度も高いワードプレスでブログを始めることにしました◎

今はまだまだ納得のいく収益にはつながっていませんが、今後は広告収入以外の収益源もブログをとおして作っていきたいと思っています!

自宅保育中主婦の在宅ワークは、ワードプレスブログから踏み出そう!

1歳児を自宅保育中の主婦だった私が、初めての在宅ワークにワードプレスブログを選んだ理由についてご紹介してきました。

以下に本記事の内容をまとめます。

初めての在宅ワークにブログを選んだのは…

  1. 自分ひとりで作業が完結する
  2. スキルゼロでもすぐに始められる
  3. 納期がなく自宅保育中でも取り組みやすい

その中でもワードプレスブログを選んだのは…

  1. 自分だけのコンテンツを持てる
  2. 運営コストが低い
  3. 収益化できる

子育てをしながらクライアントに合わせて在宅ワークをすることは、想像以上に大変だと実感済みです。

しの

ブログを始めてからwebライターにも挑戦しましたが、納期のあるお仕事は自宅保育中の私にとっては相当ハードでした…!

こんな経験もあり、在宅ワークを始めたい自宅保育中の主婦には、ワードプレスブログをぜひおすすめしたいです。

ワードプレスブログを始めたことによるメリットは、1年経った今も多く感じています。

くわしくはこちらの記事にまとめていますので、併せてご覧くださいね^^

(スポンサーリンク)

目次
トップページ
CONTENTS
閉じる